鳥とハワイ生活のブログ

セキセイインコとハワイ暮らし。野鳥観察と絵画が趣味。

ハワイで最も小さい鳥 オナガカエデチョウ

ハワイで最も小さい鳥(のひとつ) オナガカエデチョウ Common Waxbill。
アフリカ原産とのことですが、ここオアフ島にはたくさんいます。

顔の赤いラインが特徴的。
大人の鳥でも親指くらいの大きさで、とっても小さいです。
公園、ゴルフ場、道端のフェンスや雑草の茂みに
群れを成しているのをよく見かけます。


たくさんのオナガカエデチョウが一斉に飛び立つ姿は、風で落ち葉が舞い上がるよう。



今日は不思議なペアを見ました。
オナガカエデチョウとチョウショウバト(長嘯鳩、英名Zebra Dove)が
1対1で一緒にいます。

周りには鳥はおらず、2羽だけで一緒に同じ方向に飛んだり、餌を探して食べたり。


チョウショウバトも鳩にしては小さい種類ですが、
オナガカエデチョウに比べるとずっと大きい。

体のシマシマ模様が少し似ているから、一緒に居て居心地がいいのかな。


異種類のペアを見て、なんだか幸せを感じました。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。