鳥とハワイ生活のブログ

セキセイインコとハワイ暮らし。野鳥観察と絵画が趣味。

カツオドリ(Brown booby)in Honolulu

ワイキキ水族館とホテルニューオータニの間にあるカイマナビーチに
時々ハワイ モンク アザラシが現れるので、昨日見に行ってみました。


残念ながらアザラシの姿はありませんでしたが、ウォーメモリアル海水プール(War Memorial Natatorium)の岸壁に微妙に動く生き物がいるのを見つけましたo(・x・)/


人は立ち入り禁止になっている場所です。
遠目にはネコかな?と思ったのですが、念のため望遠カメラで見てみると...

白い顔に黒い頭巾を被ったような顔をした鳥がいました。

ハワイと言えども、明け方や日陰は少し冷える今日この頃。
太陽の日差しを浴びて、ひなたぼっこをしているようです。


大きな口をあけてあくび。


リラックスしています(*^-^*)
羽繕い。


脇部分の体の白い羽根は長く、比較して胸の辺りの羽根は短くて密度が高い。


沖には船が行き来し、ビーチでは寝そべってくつろぐ人や、犬と一緒に泳ぐ人がいたり。


鳥も一緒に、穏やかな場所で英気を養っているようでした。


帰宅して名前を調べると和名:カツオドリ、英名:Brown booby。
ハワイは全島に、日本でも主に南の島々で見られるそうです。


================
OharuArt Photography
Oharuart.com 

================


写真及び絵の無断転載を禁止致します。Copyright © Oharu 2019 . All rights Reserved.

ワイキキビーチが見えるカフェ

ハワイは、ビーチ際にレストランやカフェが立ち並ぶイメージが強いのですが、
ワイキキビーチが見えるカフェは意外と少ないのが現実です。
いくつかあっても、ホテルのレストランだったりして敷居がちょっと高い。。


しかし、気軽に行けるカフェが一つあります。
Barefoot Beach Cafe(2699 Kalakaua Ave, Honolulu, HI 96815)
ワイキキ水族館の近く。

海沿いの歩道に面してあります。

赤いパラソルが目印。

早朝7時にオープン。

私が注文したのはフレンチトースト($9.00)。

見た目は雑な感じがしますが、ボリュームたっぷり。
海を眺めながら、おいしく頂きました。
以前、パンケーキを注文したことがありますが、同様に特大でボリュームたっぷりでした。

ここのカフェでは、夕方はライブ演奏もしています。

日本向けガイドブック等で積極的に広告は出していないようですが、私のおすすめです。


================
OharuArt Photography
Oharuart.com 

================


写真及び絵の無断転載を禁止致します。Copyright © Oharu 2019 . All rights Reserved.





ダリの描いたダイヤモンドヘッドと鳥

スペインの奇才画家サルバドール ダリが、
ハワイのダイヤモンドヘッドを描いた絵のリトグラフを見つけました。

ダリと言えば、記憶の固執(柔らかい時計)で有名。


私は幼少の頃からダリ好きでした。
家にあった有名画家シリーズの本をよく見ていたのですが、ダリが一番のお気に入りでした。


ダリはスペイン出身ですが、第二次世界大戦中は戦禍を避けてアメリカに一時移住しているようです。


この絵は、ダリが実際にハワイに訪れて描いたものなのか、
ダリの空想のハワイを描いたものなのか、分かりませんが、
ダイヤモンドヘッドはそれとハッキリ分かります。


面積の多くを覆う赤いインクは、火山から噴火する溶岩という説明も一部で見られますが
オアフ島に噴火する火山はありません。
時代を考えると日本から爆撃を受けて火の海と化したハワイを描いたものとも思えます。


ダイヤモンドヘッドの上空に鳥が描かれています。
左の大きな鳥は架空の鳥に見えますが、右の数羽はカモメのような海鳥にみえます。
適当に海鳥を書き添えたものなのか、実際にダリがダイヤモンドヘッドを訪れた時に目にした鳥を描いたものかは分かりません。


もし、実際にダリがダイヤモンドヘッド周辺で会った鳥であれば、
きっとシロアジサシだろうと思いました。


================
OharuArt Photography
Oharuart.com 

================


写真及び絵の無断転載を禁止致します。Copyright © Oharu 2019 . All rights Reserved.