鳥とハワイ生活のブログ

セキセイインコとハワイ暮らし。野鳥観察と絵画が趣味。

水彩画教室 Hawaiian Artist

ハワイにベースを置くアーチストGeorge woollar氏の水彩画教室に行ってみました。
https://www.georgewoollard.com/art/



スタジオは、ワイキキとカイルアの中間点くらいのジャングルの真ん中。
1台の車がギリギリ通れるくらいの細い山道をひたすら進み、コンクリートの板が敷いてあるだけの橋を渡り、ようやく到着。


草木が茂る一角に、8台くらい駐車可能な駐車スーペースと立派なアートスタジオがありました。


Georgeのアートスタイルは、どちらかと言うと抽象的。
私のアートスタイルは、どちらかと言うと写実的。
抽象的に描いてみたいけど、私には、それが難しい。
Georgeの水彩画教室で、抽象的に描く方法を学べたらいいなと思い参加しました。


他のクラスメートは、Hawaii Watercolor Societyの中で互いによく知った年配の女性達。
私だけ新顔だったで、Georgeは気を遣って、説明もデモンストレーションも私向けに分かりやすいようにしっかりとしてくれました。


で、私がクラスの中で描いたもの↓


描き進め方が自分のスタイルとは全く違う。
紙質も自分が今まで使っていたもの(Cold press)とは全く異なる(Hot press)。
制限時間内に描き上げる必要がある。


なかなか最初から上手くは いきません( ̄ー ̄;)


Georgeからの評価は、
まだ伝統的な描き方をしているのが見える。
流れるようにシングルレイヤーで描くこと。後戻りは絶対してはいけない。
絵を見る人の視点がどこを見るか、どこをポイントとして見せたいかを考える。
色と色の境目は非常に大切。描いているものが何であっても構わない。隣り合う色と色の調和を考えて描くこと。
物体から感じる重力、動き、リズム、アクションを感じて、それを紙の上で表現する。



今回の反省を生かして、彼のスタイルをよく解析し、練習を繰り返して、
一段上のレベルを目指して頑張ります(・ω・)ノ



================
OharuArt Photography
Oharuart.com 

================


写真及び絵の無断転載を禁止致します。Copyright © Oharu 2018 . All rights Reserved.




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。