鳥とハワイ生活のブログ

セキセイインコとハワイ暮らし。野鳥観察と絵画が趣味。

オアフ島の西端カエナポイント

オアフ島の西端カエナポイントにアホウドリの保護区があると聞いたので
行ってみました。
結論から申し上げると、アホウドリは見ることが出来ませんでした。


しかし、あまり知られていない場所で、行く人の少ない場所。
せっかくなので紹介します。


カエナポイントへは、北と南の2通りのアプローチ方法があり、
今回は南からアプローチしました。


オアフ島の南西側にはディズニーホテルがありますが、
それを過ぎて、ずーっと1本道。
高い建物は一切ありませんが、質素な平屋が建ち並び、
所々に教会や学校、スーパーマーケットもありました。



この日は高波だったので、泳ぐ人はあまりいませんでしたが
多くの人が釣りをしていました。


道路の終点には広場がありましたが、駐車禁止になっていたので、
手前の沿岸沿いに駐車して、トレイルコースに入りました。

足元は凹凸のある土砂道。
昔は列車が走るレールが通っていたそうで、枕木も所々残っていました。

4輪駆動で車高の高い車なら、さらに先に進めるようで、
トレイルコース内の沿岸でも数台の車を見ました。

が、崖から落ちた古い車もありました(◎_◎;)

トレイルコースは、浸食により道が崩れて無くなっている部分もありました。
迂回ルートが出来ていましたが、足元は滑りやすく、かなり怖いトレイルコース。


岩に穴が開いていて、波に合わせて潮が吹きあがる場所もありました。(↓動画)

Blowing at Kaʻena Point Trail Hawaii Oahu  カエナポイント


岬の直前で、浸食が激しく迂回ルートも危険そうな場所にあたりました。

この日は風も強く、鳥影も全く見えなかったので
これ以上先に行っても危険なだけだと判断し、折り返して戻りました。

フェンスの向こうがアホウドリの保護区。
カメラの望遠で見ても鳥影が見えませんでした。


トレイルコース沿いに変わった植物が生えていました。

サボテンのようですが、調べるとサボテンではなくキョウチクトウ科。
和名オウサイカク(王犀角)(英名Stapelia gigantea)。
お花の部分がと~っても臭い、腐った魚の匂いだそうです。


写真を撮る際に、かなり近づいたのですが、幸か不幸か匂わなかったです(^-^;


天候のよい日に改めて、アホウドリを求めて
再度カエナポイントに行ってみようと思っています。


================
OharuArt Photography
Oharuart.com 

================


写真及び絵の無断転載を禁止致します。Copyright © Oharu 2018 . All rights Reserved.




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。