鳥とハワイ生活のブログ

セキセイインコとハワイ暮らし。野鳥観察と絵画が趣味。

ホノルル動物園 鳥外編

ダイヤモンドヘッドのふもとにあるホノルル動物園。
すぐ横にはカピオラニ公園があります。


昔、これらは国王の土地だったのですが、カラカウア王が国民に開放し公園がつくられたそうです。カラカウア王は、異国の鳥などの動物を集めるのが趣味で、その飼育場所に公園の一角を使っていたという事もあり、動物園の起源になったそうです。


ホノルル動物園は、あまりお客さんが集まらず経営難で、何度も閉鎖の危機に面しているのですが、このような歴史ある動物園なので寄付や公の補助に助けられ今日も続いています。


私が実際に行くまでは、全く期待していなかったのですが、
行ってみるととても見ごたえがあり、充分に楽しめました。


鳥の写真を多く撮り過ぎて整理できていないので、
とりあえず鳥外編として写真を公開します。


日頃、鳥ばかりを観察をしているせいか
サル系を見ると、とっても人間っぽく見えてきます。

鳥よりも知能が高いので、飼育されるのはストレスが大きそう。
見るからに退屈そうで、ウツっぽい。

↓ サイも動かず、ほとんど銅像。

↓ 像は動いていましたが、ストレスからか、同じところをグルグルと歩き回っていました。

↓ シマウマ。
動物園の園外からも、時々見えます。

↓ キリンも園外から時々見えます。

↓ キリンのシッポの先。動物園内の説明係の人が見せてくれました。
「遠くから見るとフサフサして見えるけど、実際に手に取ると針金のように固い」

↓ ライオン。
寝ている顔はネコですが、毎朝すごい声で吠えています。自宅から聞こえます。


私が長い時間、望遠カメラを持って園内をウロウロしているので、ホノルル動物園専属カメラマンRod Kuba氏の目に留まったようで、Rodおじさんと仲良くなりました。
Rodさんは、動物園のすぐ近くで生まれ育ったそうで、動物園の歴史をよく知っていました。本職はアメリカ軍で働き、定年後にボランティアとしてホノルル動物園でカメラマンをしているそうです。


私が鳥が好きだと伝えると、鳥の写真プリント30枚ほど「これ、僕が撮ったの、あげるよ」と言って渡してくれました。
「誰かが喜ぶ顔が嬉しくて、こういう仕事をしているんだよ」と。
なんて、いい人なんでしょう(ToT)涙、涙...

Rodおじさんの趣味は、世界中の動物園に行って動物の写真を撮る事だそうです。
「日本の上野動物園には未だ行っていないのだけど、行きたいなぁ」と話していました。


Rodおじさんに会いに、また近いうちホノルル動物園へ行きます。


================
OharuArt Photography
Oharuart.com 

================


写真及び絵の無断転載を禁止致します。Copyright © Oharu 2018 . All rights Reserved.





×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。