鳥とハワイ生活のブログ

セキセイインコとハワイ暮らし。野鳥観察と絵画が趣味。

メジロの巣落ち

ハワイにも日本で馴染みのメジロ(英名:Japanese White-eye)がいます。
日本から移入され定着しました。


すばしっこくて、比較的警戒心が強いので、私はまだ綺麗な写真が撮れていません。


下の写真はメキシコマシコを撮影していた際に偶然背景に来たメジロ。
ピンぼけです。

先日、メジロに会った際は様子が別でした。


木の幹の下の方にメジロがいるのを見つけ、写真を撮ろうと少し近づいたのですが、
私に対して警戒しながら全く逃げません。

<木の幹の中央右にメジロが下を向いています>


このメジロが木の根元に向かって一生懸命に鳴いていたので、地面を見ると
木の根元にメジロの雛がいました。

<写真では見えませんが、木の根元の地面にメジロの雛がいます>


雛が巣落ちしてしまい、親が呼んでいるのだと気づきました。


雛は木の根元で何度もジャンプして、木に飛び上がろうとしていました。


「私がこの子を家に持って帰って育てる必要があるかも?」と一瞬思ったのですが、
地面にいた雛は、自力で木の幹を登り始めました。

<ブレていますが、メジロの雛が木の幹を歩いています>


羽は未だ生え揃っておらず、飛べないのですが、
羽ばたきを推進力にしながら前進しています。


親が先導して、雛を木の上の方へ誘導しています。

<親メジロの左下に雛の影が見えます。>


<親メジロが雛を呼んでいます。雛は親の左下に半分写っています>


雛も親も必死です!
私も必死で撮影したので完全に写真がブレています((+_+))

雛は自力で木の枝の平らな部分、さらに高い枝まで登って行きました。


葉の茂みまで登っていき、親メジロの呼び鳴きも聞こえなくなり、見えなくなりました。

親も雛もひと安心したことでしょう。
私も安心しました。



万が一、巣が落ちて巣を失ってしまっていても、
雛の運動能力から考えて、この先は木の上で問題なく育つだろうと思いました。


良かったね(#^.^#)



写真及び絵の無断転載を禁止致します。Copyright © Oharu 2018 . All rights Reserved.

イオラニ宮殿 野鳥観察

日曜の朝、イオラニ宮殿へ野鳥観察に行きました。


イオラニ宮殿の向かいに、キング カメハメハ 大王の像があります。

大王様の頭に乗っているのは、インドハッカ。
黄色い帽子がお気に入りかな?


空を見上げると、たくさんのシロアジサシがいます。
ホノルルの中心、オフィスビルが立ち並ぶ中をハイスピードで飛んでいます。


木の枝で、シロアジサシのペアがグルーミング中♡



カメラに気づいたのか、逃げてしまいました(-_-;...
ごめんね、邪魔して。


ワカケホンセイインコの大きな鳴き声が、高い所から聞こえてきます。


ワカケホンセイインコが片足で立っている場所は....


高いヤシの木の一番高い先端の葉先です。


飛べるから高い所でも平気で片足が出来るよ♪
って、楽しんでるみたいです。


別のワカケホンセイインコがモンキーポットの木にいました。


頭を木の枝に擦り付け、掻いています。
飼っているインコもよくやる光景です。


このワカケホンセイインコは、私に気づいても逃げずに近づいてきました。


最後には、私の頭上の枝でモンキーポットの種を食べ、

その食べかすを(私を目がけて?)ボトボトと落としてきました。


頭が良い鳥なので、きっとワザとやっています。


糞を落とされる前に、私の方が先に撤退しました。



写真及び絵の無断転載を禁止致します。Copyright © Oharu 2018 . All rights Reserved.

シロアジサシの子育て

ホノルルでも気温が上がり、鳥たちの子育てシーズンが到来です。
今朝は、シロアジサシの子育て光景を少し見ることが出来ました。


シロアジサシ(英名White Tern)は、ハワイ在来種でホノルルの市街地でしか繁殖しない変わった海鳥です。


今朝出かけた際、
シロアジサシが空を舞っているのをよく見ると、魚をくわえていました<゜)))彡


そのシロアジサシが行く方向へ行ってみました。(^^♪


モンキーポットの木の枝に子供がいました。
親鳥(お母さん?)が魚2匹をくわえているのが見えます。


木の枝が邪魔して よく見えないのですが、子供に魚をあげています(#^.^#)


2匹とも丸呑みしました。


すぐそばに、もう片方の親鳥(お父さん?)がいました。
こちらも魚2匹持っています。


また、木の枝が邪魔して よく見えないのですが、子供に魚をあげました。


満足そうな子供(*^^*)


シロアジサシの両親は、子供を木の上に置いたまま、
2羽一緒に漁に出かけ、一緒に帰ってきて子供に餌をあげているようです。


木の上で待つ子供はじっとして、半分寝ながら
時々空を見上げて両親を探しているようでした。




写真及び絵の無断転載を禁止致します。Copyright © Oharu 2018 . All rights Reserved.