鳥とハワイ生活のブログ

セキセイインコとハワイ暮らし。野鳥観察と絵画が趣味。

シロアジサシ インターナショナル マーケット プレイス Waikiki

ワイキキの中心にある、インターナショナル マーケットプレイス。


昔はヤシの木やバンヤンツリーが繁々と繁り、薄暗い中、ローカルの小さなショップが所狭しと立ち並ぶ、クラシックなトロピカルリゾートを象徴するような場所だったのですが、全面改装され2016年8月にリニューアルオープンされました。


多くの木は取り除かれてしまったのですが、インターナショナルマーケットプレイスのシンボルであるバンヤンツリーは残されています。


バンヤンツリーは、シロアジサシが好んで巣にする木。
改装時にバンヤンツリーを残した事で、今でもインターナショナルマーケットプレイスでシロアジサシの巣を見ることができます。

中心にあるバンヤンツリーは巨木で、1本の木にシロアジサシの巣が13個あるそうです。
昨日、私が見に行った際は、雛2羽、卵2個を見ることができました。

バンヤンツリーを囲んで建物が作られているので、
高い木の枝にいる雛も目の前に見ることが出来ます。

Thanksgiving Day に生まれた雛ちゃん。

SnowBallと名付けられています。生後約10日。


こちらは、5日前に生まれたばかり。Starと名付けられています。
あまり動かず、じーっと空をみつめていました。
親が雛を離れて餌を取りに行きはじめたばかりだそうなので、心細いのかな。



シロアジサシは、1本の木に巣1個が基本ですが、木が大きい場合は複数の家族が1本の木を共有するそうです。
シロアジサシの家族間の交流は、良い場合も悪い場合もあるそう。
同時期に雛が生まれた場合は、親同士、一緒に餌を取りに行ったり、雛は雛で一緒に遊んだりして家族ぐるみのよいお付き合いが出来るそうです。
しかし、雛の生まれる時期が違いすぎると、先に生まれた雛を別の親が攻撃したりして、近所付き合いが悪くなるそう。


シロアジサシの近所づきあいも難しいんですね(^-^;



================
OharuArt Photography
Oharuart.com 

================


写真及び絵の無断転載を禁止致します。Copyright © Oharu 2018 . All rights Reserved.




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。